バンドマン伊藤さんの見た世界
ゆにらじ

幽霊っていないの!?いるの!?uNicaのラジオ「ゆにらじ」で朝まで討論!yahoo知恵袋の質問に答えていきます!

幽霊っていないの!?いるの!?uNicaのラジオ「ゆにらじ」で朝まで討論!yahoo知恵袋の質問に答えていきます!

 

どうも。伊藤さんです。

第2回目となるゆにらじのはじまりです!


 

 

今日のおたよりはこれ!「ムキムキの幽霊は怖いですか??」

 

このお題は僕あてに送られてきたお便りという設定なのですが、

そもそもなぜにこんな質問をするのかが疑問でした。

質問内容が、

 

幽霊って怖いですか?

 

だったらまぁわかります。

幽霊が怖いか怖くないか、

怖いとしたらどう乗り越えていくか、

そんなことはほぼすべての人が

人生の中で一度は考えると思います。

 

ちなみに僕は小学生の頃までは幽霊だとかを結構ガチで信じていました。

僕の親戚の家が、いわゆる幽霊屋敷だったのですが、

その親戚の家に泊まりに行くたびに

何かしらの幽霊を発見して帰ってきていた記憶がございます。

 

例えば、寝ているときにふと部屋を仕切るふすまをみると、

少しだけ襖が開いていました。

その襖の隙間をじーっと見ていると、

どうみても人間の目が二つ、こちらをじーっと見ているわけです。

ちょうど、首をかしげてこちらを見るような感じだと思うのですが、

二つの目が縦に並んで、ふすまの隙間からじーっとこちらを見ています。

不思議なのは、

夜だし、部屋の電気を消しているにもかかわらず、

その目だけははっきりとこちらを見ていました。

隙間の目は瞬きもせずにじーっとこちらを見ているだけで、

特に何もしてきません。

そんな隙間の目と見つめ合っていたのですが、

当時の僕はまだ幼かったせいか、

怖がりもせずに隣で寝に入ろうとしている親に

 

ねぇ、なんで襖の隙間に目が浮いてるの?

 

っと伝えるも、

取り合ってもらえず親はそのまま寝てしまいました。

しばらくその目と見つめ合っていたわけですが、

そのうちに僕も寝てしまいました。

 

朝になって、親に再度報告すると、

 

そんなのいるわけない。寝ぼけてたのよ。

 

っと一蹴されてしまいますが……

 

何年後かに親にその話を思い出話的にしたところ

 

あれは本気で怖かった。

なぜそんなのを発見するのか、小一時間問いただしたかった。

 

という感じで、

僕より親の方の恐怖体験になっていたようでした。

 

そんなこんなで軽く霊体験をしていたので、

それなりに幽霊は信じていたわけですが、

その幽霊屋敷にもいかなくなり、

そのまま霊体験せずに大人になってしまったため、

今では全くと言っていいほど信じない体になってしまいました。

 

そんな伊藤さんなので、

幽霊自体はそんなに怖くないのですが、

ムキムキの幽霊になると話はかわってきます。

幽霊ってどちらかというと精神的に揺さぶりをかけてくる知能派であるイメージですが、

ことムキムキの幽霊になるとバトルタイプであると思うのです。

 

つまり多分物理的に泣いても喚いても殴り続けるぐらいの

襲い方をするのではと予想します。

いくら幽霊が怖くないと言っている伊藤さんでも、

タコ殴りにされたら泣きます。

そんな幽霊には遭遇したくありません。

運よくこちらから攻撃をしかけることができても、

きっとこっちの攻撃は幽霊だから透かされると思います。

でも向こうの攻撃は全てあたるので、

最強の幽霊だと僕は思います。

 

したがって個人的な結論としてはムキムキの幽霊は普通に怖いです!!

 

みなさんはいかがでしょうか?

 

 

↓↓↓ムキムキの幽霊はクリックを↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ABOUT ME
伊藤さん
伊藤さん
新星ポップロックバンド「uNica」のキーボード担当。 日夜、メンバーのやる気を引き出すために奮闘中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。