バンドマン伊藤さんの見た世界
戯言

大乱闘スマッシュブラザーズに代わる何かを模索する伊藤さん

どうも。伊藤さんです。

今回は大乱闘スマッシュブラザーズに代わる何かを考えていきたいと思います。

大乱闘スマッシュブラザーズとは?

大乱闘スマッシュブラザーズ(略:スマブラ)は任天堂が発売しているテレビゲームです。

 

『スーパーマリオ』シリーズのマリオ、『ゼルダの伝説』シリーズのリンク、『星のカービィ』シリーズのカービィ、『ポケットモンスター』シリーズのピカチュウなど、任天堂が過去に発売したコンピュータゲームシリーズの代表的な人気キャラクターが一堂に会して、彼らの登場するゲームの世界観をモチーフにしたステージ上で戦う対戦アクションゲームである。引用:wikipedia

 

 

要約すると、

 

今まで発売された任天堂のゲーム作品に登場したキャラクターを、

シリーズに関係なく寄せ集め戦わせるという何とも贅沢なゲーム

 

になります。

ラーメンでいうところの全部乗せみたいなものです。

 

このゲーム、1999年にシリーズの第一作目が発売するのですが、

僕はこの時小学生でした。

最大4人プレイができるゲームであったため、

皆で友達の家に自前のコントローラーを手に取り集まり、

対戦を楽しんだ記憶がございます。

友達同士とはいえ、

みんなゲーム大好き少年なわけですから真剣勝負となるわけですが、

あまりの白熱っぷりに最終的にはリアルファイト(別名:喧嘩)になって終わるという、

なんとも後味の悪いゲームとなっております。

シリーズ初となる作品の発売が20年ほど前ですが、

数年に一度のペースでシリーズの最新作が世に出ており、

今ではなんと任天堂キャラの枠にとどまらず、

他社のキャラクターとのコラボ出演なども行われているようです。

僕は最近の作品はプレイしておりませんが、

現在も若者のあいだで人気の高いモンスター級のシリーズになります。

大乱闘スマッシュブラザーズに代わるもの

 

さて、これだけ人気のあるゲームですが、

前述のとおり僕は最近のスマブラ事情はあまり詳しくありません。

しかしながら時代の最先端を行くこのぶろぐで、

人気のあるものに手を出さないということはナンセンスなわけです。

しっかりと世の人気コンテンツなどを取り入れてそれを記事に反映し、

ファンを獲得しなければならないのですが、、、

いかんせんゲームをするためのゲーム機ももっていなければ、

いまからスマブラシリーズをやりはじめるだけの

体力、気力、時間

は全くもって持ち合わせていないのです。

 

そ・こ・で!!!!

 

スマブラに代わる何かを考えてどこぞのゲーム会社にそれを売り込み、

それを爆発的なヒットにしてもらうことで、

時代の最先端を先取りしよう

 

と思います。

つまり……

流行った物を知るというプロセスではなく、

知っているものを流行らせるわけです。

こうして僕はインフルエンサーになるべくアイデアを練りました。

3分程考えてこんなのはどうだろう?というものを思いつきましたので、

これをゲーム会社に売り込みたいと思います。

 

①アンパンマンオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ

 

世の子供たちのヒーローであり、絶大な支持を得ているアンパンマン

そんなアンパンマンに登場したキャラクターをスマブラさせようというのがこの企画です。

なぜ、アンパンマンを選んだかといいますと、

そのキャラの多さです。

調べたところ、

なんと現時点で登場キャラクター数は2700~2800体ともいわれております。

やはりスマブラのような対戦アクションゲームというものは、

使用キャラクターが多ければ多いほど楽しめると僕は思います。

そのためギネスブックにも載るほどの

キャラクター数を誇るアンパンマンを起用することで、

飽きの来ないゲームになることでしょう。

 

デメリットとしてはキャラクターの多さです。

 

さっきはキャラクターの数が強みとかいっといて、

それがデメリットって……真逆のことを言ってない?

 

と皆さんは思ったでしょうが、

短所は長所、長所は短所の発想です。

 

キャラクターが多すぎると、

キャラクター選択がえらいことになるだろうなと思います。

かびるんるんの赤いやつはどこだろう?

っと思っても、

約3000体の中からお目当てのキャラクターを探しだすのは至難の業です。

恐らく検索画面が必要になるほど、

キャラクター選択が苦行となるとは思います。

しかしながら

1日1体ずつ選んだ場合であっても、

5年後ですらまだ全キャラプレイできないほどに

ボリューム満点なので大ヒットは間違いないと思います!

 

ちなみに僕のおすすめキャラクターは

バイキンマンです。

 

きっと53万ぐらいの戦闘力があると思います。

 

②NHKオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ

 

NHKと言いましたが、Eテレの子供向け番組関係のスマブラです。

例えば「おかあさんといっしょ」とか、

「いないいないばあっ!」とかのような、

幼児向け番組のキャラクター

なんならお兄さんやお姉さんにも参戦してもらい、

大乱闘してもらう企画です。

なぜNHKを選んだのかと言いますと、

洗脳しやすいからです。

幼児期に受ける刺激や学んだことは、

その後の人生に多大な影響を与えると僕は思っております。

幼児に絶大な人気のある

おかあさんといっしょなどのキャラクターを起用することで、

大人になってまでもプレイしてもらえる

そんなゲームになるのではないかと僕はにらんでおります。

デメリット、というかこの企画の大きな問題としては、

NHKの許可がおりないことが懸念されます。

やはり幼児向けの番組なのですから、

イメージというものをそこはかとなく大切にしているはずです。

それなのに、対戦ゲーム化なんてしてしまったら、

そのイメージが全て瓦解するわけです。

やっべぇ。だいすけお兄さんの腕十字固め強すぎだろ……

 

とか

 

ガラピコって頭だけじゃなくて性能もポンコツだよな

 

とか、そんな言葉が飛び交うことも予想されます。

これに対してNHKがどう思うのか。

多分答えはNOのはずですが、

それでも、いいえ、それ故にこの企画が通った場合の利益は莫大なものになることでしょう。

 

ちなみに僕のおすすめキャラクターは

にこにこぷんのぽろりです。

 

右上がぽろり

 

 

きっと53万ぐらいの戦闘力があると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

恐らくどっちの企画も版権の問題で確実にアウトでしょうが、

その最初の壁さえ乗り越えれば、

大ヒットシリーズになることは間違いありません。

僕は最初の壁を乗り越えられる気はしませんが、

この壁を乗り越える自信のある方、

ぜひこの企画をゲーム会社に売り込んでください。

このゲームがもし出たら僕は買いますのでどうかよろしくお願いします。

 

最後に、この記事を書くにあたってにこにこぷんの画像を探してたら、

妙に懐かしくなって熱い何かがこみあげてきました。

年齢がばれそうな記事ですがまぁばれたらばれたらで結果オーライです。

↓↓↓にこにこぷん世代はクリックを↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ABOUT ME
伊藤さん
伊藤さん
新星ポップロックバンド「uNica」のキーボード担当。 日夜、メンバーのやる気を引き出すために奮闘中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。